だべって沖縄

人気記事ランキング

ホーム > カテゴリオール沖縄 > 名護市長選2018で「オール沖縄市民集会」が盛大に開催・必勝期す

名護市長選2018で「オール沖縄市民集会」が盛大に開催・必勝期す

平成30年1月12日に、稲嶺ススム市長3選めざすオール沖縄市民集会が盛大に開催され、ここで稲嶺市長は3期目に挑戦する決意を表明。また、翁長雄志知事の妻である、樹子(みきこ)さん、照屋大河・社民党県連委員長(県議会議員)が訴えの演説を実施。さらに、伊波洋一参院議員、自由党の玉城デニー幹事長(衆院議員)がメッセージを寄せると共に、市議会の与党市議団のメンバーの紹介があった。登壇者の訴えは以下のとおり。

稲嶺ススム市長は、『私はこれまで2期8年間、「辺野古の海にも陸にも新しい基地は造らせない」という政策を一丁目一番地に位置付け、頑張ってきました。県では翁長知事が「辺野古に新しい基地は絶対に造らせない」と県民の先頭に立っています。翁長知事を支える一丁目一番地と自負しながら市民とともに頑張っています。 翁長知事が岩礁破砕の件で裁判を起こしています。でかいもの(新基地)を造るわけですから、8度、10度の設計変更が必ず出てくるといわれています。その都度、県知事の承認を得なければなりません。名護市長の権限もいくつかあります。それについても何ひとつクリアされていませんので、これ以上、前には進めません。稲嶺ススムは止めるために進みます。 非暴力の座り込みは5千日以上も続いています。あきらめないということを皆さんと確認したいと思います。 私はこの8年間、子どもの支援、子育て支援、教育環境の整備、医療費も含めて多くの公約を実現させました。財政的にも予算が膨らみ、建設事業費も多くなり、財政調整基金も2倍以上に積み上がるなど安定した財政運営ができています。相手候補は新聞社、マスコミによる候補者同士の対談に、忙しくて参加できないという。それさえも相手はやらない。彼らは再編交付金と言葉にしていわず、「もらえるものはもらいます」と言います。再編交付金は辺野古に基地を造るということが前提で交付されるものです。だまされてはいけません。いまたたかいは、名護市、沖縄県だけの問題でなくなっています。私たちがこの選挙を勝つことで日本の民主主義と地方自治、そして私たちの人権・権利をしっかりと守ることができます。必ず勝利し、11月の県知事選まで、そのうねりをもっと大きくして前回の知事選で見せた大差をもう一度、日米両政府に見せつけましょう』と語った。

以上、名護市長選挙の結果は必ず勝利との強い意思を表明。

翁長知事の妻・翁長樹子さんは、『政治家の女房をして33年。志位委員長と同じ壇上であいさつする日が来るなんて夢にも思いませんでした。3年前の知事選挙、翁長が現職を相手に、10万票差で当選させていただきました。「これで辺野古の問題はもう決着がつくんだ」「名護市長がノーといっている。県知事もノーだといった人間が当選した」と思いました。なんですか。この3年間は。どこにいったい民主主義があるんですか。私たちの自治権、人権はどこにあるんですか。 正直苦しいです。夫はこの3年間、笑わないんです。おじい、おばあたちは、命からがら必死の思いでなんとか生き延びた。私たちの時代は米軍統治。やっと復帰して、やっとこれで憲法に守ってもらえると思ったら、政府は、聞いてもくれない。権力で抑えつけようとしている。じゃあ負けてあきらめるのか。皆さん。あきらめられますか。押し返して、先の子どもたちにはもっといい沖縄を残したい。 稲嶺さんの相手は、実は相手候補じゃないです。国、政府があらん限りの力で名護を抑えにかかってくるんです。私たちの心の中にちょっとでも、「まあなんとか勝つでしょう」という気持ちになったら、結果は厳しいです。心に刻んでみんなで必ずこの選挙を勝って、私たちの気持ちを必ず日本政府に認めさせましょう。 今回の名護市長選挙になんとしても勝利し、名護市民に明るい笑顔をつくる。沖縄県・名護市の平和で誇りある豊かな未来をつくるため「オール沖縄」で力を合わせて頑張りましょう。前回(4年前)の選挙戦を前に埋め立て承認申請の手続きが進められました。私たち沖縄県民・名護市民の誇りや尊厳が傷つけられ、稲嶺ススム2選という大きな選挙結果を作り出しました。あれ以来、オール沖縄の源流、島ぐるみのたたかいの源流は、名護市をスタートして広がりました。いよいよ3期目の選挙の目前です。オール沖縄のたたかい、島ぐるみのたたかいは沖縄と全国、世界に広がっています』と語った。